スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受身

最近は、好不調を繰り返している感じです

結婚式に行って、研究室の同期と
公共サービスについて話したり

工事担当して、新しいことやってて楽しかった

しかし
はっきり言って、今の生活は楽


負荷が足りない
けど自ら自分に負荷をかけることはあまりしない


自分を中心に考えるなら
職場での若手育成として
もう少し自分に与える課題や仕事と
その与え方を考えてもいいと思う

若手育成は、適切な課題、仕事を与えて
そのフォローをしていくことだ

それを副所長に言ったら、
受身だと言われた
理想論を言う、博士さまタイプだと言われた
仕事で時間がないから、若手にかける時間なんてないと言われた
それも自分自身感じていたことだ


しかし今の職場は、
与えられる課題は、課題であるかもわからず
正しく伝えられず
課題ですら、自分で見つけて、ほんとにできるかわからないことを
全部自分でしろみたいなところ

受身だったのは事実だけど(とうより受身でよいと思っていた)
最初の3ヶ月で、若手にそんなことを思わせる
上司の能力が無いのだ


そして理想論を言う博士さまだけど

じゃ理想論から考えないで
できることだけしてたら、今のままとなにも変わらないし
目的を見失う


まとめるとすべて能力が足りないのだ
理想論を突き通せるほど、力があればいいんだ
仕事でいっぱいいっぱいになっている人たちがわるいんだ


けど今の自分は、ただただ何もできないペーペー
上のことを言われて、悔しいので
自分が正しいことを証明するためにやってやろうじゃないか



さらなる課題は、
この会社は、こんな人たちばっかり
もっというと優秀な人たちばかりではない
そこでどうやって会社をいい方向に持っていくべきなのか
なかなか難しす
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スペンサー

Author:スペンサー
熱しやすく冷めやすい
社会人6年生

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。