スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまえ

先日も書いたとおり、やることは大量にあるものの

家に帰ったらDQやったり、漫画読んだり、休日は温泉いったりと
9-6時ライフを満喫して
やることは勤務時間中にしかやっていない

それじゃ何も進まない

しかも、業務研究も待ちの姿勢
ぜんぜん自分から動いてない

だって何もわからないんだもん


しかし、甘えすぎていないか
人が3年かかることを1年でやらなきゃいけないのなら
なんか犠牲にしなくてはダメだろ
特別な力を持ってるわけでもなし
精神と時の部屋にいけるわけでもなし

さて、帰ってから勉強でもしようかなっと

そうそうタイトルどおり夢中になるくらいのめりこまないと力はつかない
特にここには8ヶ月しかいられないんだ
もう1ヶ月たってしまったよ

これじゃ何も残らない
急がないと
継続は力なりです

転機

転機が来ました

職場はあまりに暇

そこで今日、自分の育成プランについて、副所長と直属の上司の科長と話し合った

そして新人とは思えない課題を課せられるとともに
今後どのような仕事を任せられるのかを大まかに決めた

久しぶりに大学のころのスパルタ教育が思い出される
成長のチャンスの予感

そうそうもう社会人なんだし
自分がどうなりたいか、どうすればよいか、どうしてもらいたいかを意思表示せねばならない

どことなく待っていた自分が恥ずかしい

自ら考え、行動する
ってやつです


そしてこの暇な環境に漬かると
TOKYOに未練があることに気づく

長期的に見れば、長い鉄道人生
この地方での生活は財産となるはずだ

・若手がいない現場で、教育独り占め
・いきなり工事を担当させてもらえる
・鉄道の成り立ちを見ることができる施設が満載
・地方の鉄道の現状を体感

その上でほんとに地方に鉄道ってこれから必要なのか考えたい
外からじゃ見えない、いろんな依存関係が見えてきて、考えさせられます

しかし短期的に見たら、給料高いし、友達多いし、楽しいところ多し
東京うらやましす


この日記を見て、笑える日が来るように、
この1年という貴重な時間をを無駄にしないためにも、頑張ろ

保線魂

今日ははじめての現場に行ってきました

といっても、ただただ見ていただけですが

そんな中で、保線は経験工学だという副所長に
いろいろと経験について教えてもらったのです

とりあえずびっくりしたのは、
工事あとのレールで5mm基準値からずれていることを人目で見抜いたところ
狭軌は1067mmなので、それから5mmってどんなだよと思うわけですが

見分け方を丹念に教えていただきました

あとは、列車のゆれの動き方で線路の悪いところがわかるらしい
それは見てもわからなかったです
センス無いのかも・・・orz


あとは青森県に東北本線を譲渡する際に
青森県に出向していたらしい
なんか政治的なところでどろどろした話と
役人たちには、鉄道技術が通じないと嘆いていました

といったところで副所長となかよしこよし
ねぶた祭りは泊まりにいくことになったような、ならないような

明日からスタート

明日から本配属

1年という限られた期間で
どれくらいのことができるのか

仕事も重要だけど
今度の職場は、
いろいろな環境が入り混じり

組合
地元採用の人
おじさんたち

一人になれたからこそ
その人たちと密な交流ができる

二度とは味わえないような経験に満ちているでしょう

適度に気を抜きつつ
その環境を自分の物にしていきます

どこに標準を合わせるか

つづけて、ここでは、どのレベルまで、いつまでにやるべきなのかを書きたい

前々回の日記では、現場を見てやりがいがどうのこうのと書いていた
確かに現場も楽しそうだし、そこにずっといる人もいるわけです

しかしながら、支社の仕事をみていると、こちらのほうが、楽しそうで
高度なことが求められ、刺激に満ちている
おそらく本社は、もっとすごい雰囲気なんでしょう
(とはいうものの創造的というには、なにか違う
この会社で新しいものを生み出すのは、かなり大変そう)

だから、どこのレベルの仕事に標準を合わせるのかは重要だと思う

そこで、いつまでに支社にいくのか、本社にいくのかを考えて、
現場での仕事をしなければならないなぁと思うわけです


僕の採用は、すこし、進む速度が速い
業務研究は1年目から、2~3年目の人のレベルにあわせろと言われるし
普通10年くらいかけて支社にいくのを2~3年目でいくわけである
それも現場の仕事はだいたい理解したという前提で

それは、ある意味決められたルートなので、おそらく大変だけど、
そのとおりやれば、上から見れば普通

けど同期でも、言われたことを素直にやる人が多くて、
ここまででいいでしょって人が多い

じゃそれ以上になにを自分で加えるか
自分の付加価値をどうつけるのか
他とどう差別化するのが重要なのではないだろうか

それを見つけて頑張りたい
ここ3年でがんばろう

なんかわけわからない日記だけど
のちのちに読んだ時に財産になっているように
書いておきます
プロフィール

スペンサー

Author:スペンサー
熱しやすく冷めやすい
社会人6年生

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。